フラメンコシューズ

フラメンコシューズの修理事例です

釘を打ち付けてる土台になる革の劣化で抜けてしまったクギ

クギ(Tacks)の打ち直し、ハーフソール&中敷交換修理です。

きちんと釘を打つ土台となる革を張替えます。その時に使う革も通常の革よりも締まりがあり、硬い革を選びます。

※土台となる革の強度が無いと釘が抜けおちてしまいます。

左がフラメンコ用の釘

右が通常の靴用の釘(Tacks)

※フラメンコ用の釘は頭の大きさが2倍位あります。狭い空間に多くの釘を打ち込む為の形状になってます。

また、日本では取り扱い先が無かった為、スペインから輸入し入手しました。

履き慣らした靴をまた履きたい。そう言ったご要望にお答えします。

足と靴の事ならおまかせ下さい

大田製靴店

沖縄県那覇市松尾2-2-28

TEL 098-866-6453

http://www.ota-seikutsuten.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中