一人で履けることの喜び

今回の靴の依頼は20代前半女性です。

クニースト病という先天性の病気で、手足等に骨異形成が伴い、脚足差、足部変形がみられます。足下に手が届かないため、靴を履くことが難しく、介助なしで脱ぎ履き出来るよう緩く履いた靴で不安定に歩かれていました。

今まで作ってもらった靴は、自分の足よりもだいぶ大きな靴。一人で脱ぎ履きが出来ず、デザイン的にも服の雰囲気に似合わず、履きたくない靴との事でした。

仮合わせにて、靴の中でのスペース、重心のかかり方、歩き方等を確認します。

今回の靴は、足をしっかり支持することに加え、一人で脱ぎ履きが容易に出来ることが重要ポイントでした。

足をしっかり支持するには、出来るだけ長め丈で硬い芯材のブーツが良いのですが、丈が長いと足入れが難しくなり、更に硬い芯材が入るとより足入れも難しくなります。そうなると靴を履くための介助者が必要に…。

仮合わせでブーツ丈や芯材の範囲、ファスナー の位置や長さ、補助具の使い方や補助具の形状などをしっかりチェック。何度も靴を脱ぎ履きして確認しました。

ご本人様の協力もあって、見事全ての条件をクリア!!

介助無しで一人できっちり靴を履いて、しっかり歩けると喜んで頂けました。

以前は立ち姿勢で待つ間、足下が不安定なため壁に寄りかかっていたそうです。

『この靴を履くと、誰かに支えられている様な安定感があり、10時間は立っていられます。笑』

と、大変嬉しいお言葉を頂きました。

普段私たちは当たり前の様に靴を履き、歩き、立っています。

しかし、足や靴でお困りな方は私たちの普通が普通でなかったりします。

そんな問題解決のお手伝いができた事を嬉しく思い、改めて整形靴の製作に誇りを感じました。

足と靴の事ならおまかせ下さい

大田製靴店

沖縄県那覇市松尾2-2-28

TEL:098-866-6453

http://www.ota-seikutsuten.com

ロングブーツ

以前納品した靴の紹介です。

脳梗塞の後遺症による麻痺があり、右足は足首が下へ垂れ下がる特徴(下垂足)があります。
最初はプラスチック製の短下肢装具を装着していましたが、装具を着けて履ける靴が無いことと、足の蒸れに悩み、だんだんと外出を控えるように…。

そんな時、当店の事を知り、『靴で足首固定(プラスチック装具の代わり)はできないか?』との相談があり、製作を開始しました。

足首をしっかりと固定できるロングブーツでの製作。靴の内部には、カウンターという補強材を通常より上方に延長(履き口の高さまで)をして、しっかりと固定しています。更に、麻痺で外側に倒れやすい右足は、マジックベルトで外側から内側へ引き寄せて、倒れ込み防止の補助をしています。

IMG_5165.JPG

整形靴は他の装具とは違い、機能だけでなくデザインも重要だと考えています。いくら機能性の優れた靴でも、履く方の好みのデザインで無ければ履いてもらえません。

 今回仮合わせを重ねて、自分のイメージの靴が少しづつ仕上がる喜びと、仮合わせ時に行う調整で歩行の変化を体感して頂けました。 以前は、歩いている姿を人に見られたくない、恥ずかしい、緊張して足がなかなか前に出ないことがあったそうです。が、そんな悩みも、

「見て見てっ!!」

との明るい呼び掛けに、すっかり吹っ飛び歩ける喜びがとても伝わる納品でした。

当店は、足が痛い、合う靴がないから外出を控える、そんな悩みを少しでも無くし、外に出るのが楽しくなる様な提案をいたします。

大田製靴店
沖縄県那覇市松尾2-2-28
TEL:098-866-6453
http://www.ota-seikutsuten.com

 

 

カビのケア

湿度の高い沖縄での革製品のカビ対策はおすみですか?

先日修理で預かった靴ですが…

靴の内部を見るとカビが…

通常表面のカビ等は市販のカビ取りスプレーなどで落とした後に風通しが基本になります。

しかし、それは表面のカビの除去で根元は残った状態が多く、再発も多く見られます。

そんな時は

こちらの機械でオゾンの力を借りて、カビ菌を分解‼︎カビの根元からやっつけます‼︎

短靴以外にロングブーツや鞄などの大きな物でも大丈夫です。

また、カビ除去以外にも消臭の効果もあります。

季節が変わり、閉まってたブーツ等を履く前にカビと臭いのケアはいかがですか?

※酷いカビの場合は、自宅で濡らした布等で一度表面のカビを拭き取ってから、乾拭きをしお持ち下さい。(カビが酷い場合店頭で行うと他のお客様の靴や、革等に付着する恐れがあるので、お断りすることもあります。)

大田製靴店
沖縄県那覇市松尾2-2-28
TEL:098-866-6453
http://www.ota-seikutsuten.com

小児麻痺

小児麻痺の方の靴を製作しました。

足の特徴としては尖足(せんそく)といい立位時に踵が地面から浮いた足

今回製作の方は右足が尖足による脚長差(足の長さの違い)による歩いてる時の体のブレや疲れやすい。との事でオーダーを頂きました。

インソール(中敷)にて高さの調整と足首の固定を目的にブーツタイプで製作しました。

「自分の靴がやっと見つかった」と嬉しい言葉を頂きました。

大田製靴店

沖縄県那覇市松尾2-2-28

TEL:098-866-6453

https://www.ota-seikutsuten.com/

スリッポン修理

スリッポンのオールソール修理です

オリジナルに近い形もありますが、今回の修理ではVibramソールのガムライト素材の軽さとクッション性があるソールに変更しました。

個人的にオススメの材料になりますが、1番はお客様にとって最適な修理のご案内が出来る様に心がけています。

大田製靴店
沖縄県那覇市松尾2-2-28
TEL:098-866-6453
http://www.ota-seikutsuten.com

整形靴

整形靴は主に、先天性の足のトラブルや、病気や怪我などで足の変形や麻痺等の症状がある方に製作します。足の型取り・採寸をし、それぞれの症状にあわせた木型・インソール をおこして、靴をフルオーダーで製作します。

今回紹介する靴は、脚長差(左右の足の長さの違い)のある方の整形靴です。

靴の内部で左右の足の長の違いを整えるインソール(中敷)を挿入し、外観では分からない様にしています。

整形靴の製作ではインソールも大事な役目を果たしていて、体全体を支える土台として、とても重要なものになります。

*別の機会にインソールの説明はお伝えしたいと思います。

股関節の可動域が少ないため(腰が曲がりにくい)、ベルトの先端にカンを取り付け、脱ぎ履きのサポートが出来る様にしています。

機能だけでは無く、デザインもご要望にお答え出来る様に心がけています。

大田製靴店

沖縄県那覇市松尾2-2-28

TEL:098-866-6453

http://www.ota-seikutsuten.com